BACK

Information:インフォメーション

2008.09.04

重要なお知らせ

True Temper 社 Wolf SL Fork 自主回収のご案内

cervelo

True Temper社Wolf SL Fork

サーヴェロ社は同社の供給したブレード部を使用し、トゥルーテンパー社が開発、製造を行っているWolf SLフォークのフォークコラムにおいて潜在的な安全性の問題を発表しました。

通常使用時でも、一定条件下においてフォークコラムにクラックが生じ、破損する可能性があり、ライダーのコントロール不全を引き起こし、転倒して深刻な怪我を負う可能性があります。このフォークはアメリカ合衆国と国際基準は満たしていますが、サーヴェロ社のさらなる厳しい安全基準テストでは、通常使用時でも一定条件下においてフォークコラムにクラックが生じ、破損する可能性があり、ライダーのコントロール不全を引き起こし、転倒して深刻な怪我を負う可能性があることが確認されました。

さらにサーヴェロ社は市場調査により、このフォークの破損発生率が他のフォークより高いことと、破損によるライダーの負傷の可能性があることを確認しました。

トゥルーテンパー社は、Wolf SL フォークは業界基準を満たした上で市場に流通させており、サーヴェロ社が考える自主回収の必要はないという見解です。しかしサーヴェロ社はこの見解を支持せず、トゥルーテンパー社が開発、製造したWolf SLフォークをサーヴェロ社独自で自主回収することを決定しました。

製造元でないメーカーが他社の製造品を自主回収をするのは異例中の異例ではありますが、サーヴェロ社はより良いカスタマーサービスの必要性を感じ、今回の自主回収を発表しました。

代替として用いる3T FUNDA PRO フォークは全ての業界基準を満たしており、トゥルーテンパー社Wolf SL フォークが合格できなかったサーヴェロ社の安全基準も満たしております。

また、同じトゥルーテンパー社製でもWolf CL フォークとWolf TT フォークは今回の対象ではありません。これらはWolf SLフォークと全く異なる構造を持ち、サーヴェロ社の安全基準を満たしています。

◆対象フォークの確認方法および交換手順

Wolf Superlite(図1)SL(図2)True Temper CRT のロゴ(図3)

R3、R3 SL、SLC、SLC SL、一部のP3 Carbon フレームセットおよび完成車

自主回収の対象となるフォークは黒地のカーボン繊維に「Wolf Superlite」(図1)と書かれており、さらに表面にクリア塗装がかけられており、同じようなロゴがフォーククラウンの下とフォークの両足に、「SL」(図2)という文字が両足のドロップエンドの上に書かれています。また、両足のドロップエンド上の内側にTrue Temper CRT のロゴ(図3)が書かれています。

対象フォークをご使用の方は、お手数ではございますが、ご購入になられた販売店にご連絡いただき、交換に関する手順等をご相談ください。また、車体をお持ち込みの際、下記よりPDFを出力いただき、ユーザー様ご記入欄に必要事項をご記入の上、この用紙をお持ちください。フォークの交換にお時間がかかる場合もございます。予めご了承ください。

また、フォークの交換にはフレーム番号が必要となりますので必ず車体ごとお持ち込み願います。フォークのみでお持ち込みの場合はお断りさせていただきます。また、お引っ越し等でご購入になられた販売店がお近くに無い場合は弊社各営業所もしくは最寄りのサーヴェロディーラーにご相談ください。サーヴェロディーラーは弊社ウェブサイト(http://www.eastwood.co.jp)をご覧いただくか、弊社各営業所までお問い合わせください。

PDF

この件に関してご不明の点がありましたら、お問い合わせフォームもしくは各営業所までお問い合わせください。
川口営業所 TEL:048-250-5213 (受付時間 9:00~12:00/13:00~18:00 土日祝、及び当社定休日除く)
関西営業所 TEL:0742-71-6755 (受付時間 9:00~12:00/13:00~18:00 土日祝、及び当社定休日除く)