BRAND INDEX

Lineup:取扱いブランド

cervélo

現行モデル タイムトライアル&トライアスロンモ デル P5

P5 Disc Team Sunweb フレームセット(2021年カラー)

  • P5 Disc Team Sunweb フレームセット(2021年カラー)
  • P5 Disc Team Sunweb フレームセット(2021年カラー)
  • P5 Disc Team Sunweb フレームセット(2021年カラー)
  • P5 Disc Team Sunweb フレームセット(2021年カラー)
  • P5 Disc Team Sunweb フレームセット(2021年カラー)
  • P5 Disc Team Sunweb フレームセット(2021年カラー)
  • P5 Disc Team Sunweb フレームセット(2021年カラー)1
  • P5 Disc Team Sunweb フレームセット(2021年カラー)1
  • P5 Disc Team Sunweb フレームセット(2021年カラー)1
  • P5 Disc Team Sunweb フレームセット(2021年カラー)1
  • P5 Disc Team Sunweb フレームセット(2021年カラー)1
  • P5 Disc Team Sunweb フレームセット(2021年カラー)1
本製品は、フレームセットのみの販売となります。

89721920_2492403194309727_3807042600104361984_o.jpg

サーヴェロは、TTバイクを長年作り続けています。Pシリーズは、創業以来ずっとこだわり続けているシリーズです。初期のP3を駆ってレースに出場してからずっと積み重ねた技術の粋を集めて作られた今回のP5Discは、エアロダイナミクスの恩恵を最大限受けられるバイクになっています。
今回のP5Discは、P5Xと比較されると思います。P5Discはレースでの1秒を削り出したいライダーに向けた新しいモデルであり、その性格はP5Xと似ていますが異なります。テクノロジーとパフォーマンス面において、更にレバレッジが効いたとても速いバイクとなっています。
また、その違いを具体的に示しますと、今回のP5Discは調整の容易さに重点が置かれたこと、そしてエアロダイナミクス性能を向上させたこと、加速と登坂性能を向上させるために重量を減らしたことが大きくあげられます。
P5DiscはUCIワールドツアーに参戦するようなトップエリート向けのTTバイクである一方、トライアスロンレースのスプリントディスタンスやアイアンマン70.3はもちろんのこと、ロングディスタンスやアイアンマンにも適しており、ストレージ機能にも優れています。
世界一のスピードを目指す、ワールドクラスのレーサーがその目的達成のために必要な性能を充分有しているバイクであるとともに、世界中のトライアスリートの強い味方となるマシンとなっていることをお約束します。

Simply.Better
新しいP5が創られた目的はたった一つです。それはもっとも速いバイクとしての"パフォーマンス"

あなたはアスリートとして、常に日々、速くなるために模索を続けています。あなたは今よりももっと速く走れるように、細やかなセッティング調整を行い、速くなるためにトライ&エラーを繰り返し、また、より速く走るためのセッティング調整を行っています。まさにその繰り返しこそが、今回の「P5」の性能を向上させることができた理由です。

サーヴェロのエンジニア達は蓄積されたデータを深く掘り下げ、歴代の「P5」のエアロダイナミクスとフレーム剛性とそれらの構成要素を徹底的に見直し、最適なパフォーマンスを発揮できるバイクづくりのためにそれらを微調整し、そしてすべての限界値を押し上げたUCIルールに適合するバイクを創りあげました。
エンジニア達は他にも、UCIワールドツアーのプロライダーから協力を得て実際にテスト走行を重ね、そこから得られるフィードバックをバイクづくりに活かしてきました。
よりバイク性能を上げるためのフィードバック内容は多岐に渡りますが、
・「バイクの軽さ」
・「トルクへの反応とパワー伝達」
・「コーナリング性能」
について、多くのフィードバックを得て開発に活かしました。
プロツアーのライダー、あるいはトライアスリートのためのバイクとして、新しい「P5」は"サーヴェロ史上最も速いバイク"です。

さあ、革命的な新しい「P5」をご覧ください。

Project Goals
エアロベンチマークの再定義となるバイクの開発。
・前作からの軽量化。
・ワールドツアーライダーの求める剛性。
・プロライダーの求めるフィッティング。
・UCIレギュレーションへの適合。
・プロツアーでのレース使用を可能にする。

これらの項目の達成により、
重量に関してはフレーム+フォークで前作から18%、350gの軽量化を達成。
フレーム設計変更によりヘッドチューブの剛性は22%向上。
BBまわりの剛性は26%向上。
タイヤクリアランス、28mm幅のタイヤが使用可能となりました。



BASEBAR
6.jpg

ベースバーの幅は380mmとなり、専用のベースバーグリップが付属します。
グリップ部分は最大で20mm短くカットすることが可能です。


SEATPOST
7.jpg


シートポストはP5Xと同じくボトルマウント付(右)が標準仕様となります。
これまでのPシリーズに採用のモデル(左)も使用可能です(別売)。



FRONT DROPOUTS
9.jpg

6mmの六角レンチで作業を行う「エアロ・スルーアクスル」が標準装備。
フォークインサートとスルーアクスルを交換することで、「RAT」もしくは「スレッドタイプ」のスルーアクスルが使用可能です。


REAR DROPOUTS
10.jpg

リアエンドはTTバイクの主流であったトラックエンド(正爪)から、S・R・Cシリーズと同じストレートドロップエンドに変更されました。さらに、リプレイスエンドとなったことで整備性が向上しました。


AERO BOTTLE500
11.jpg

UCIレギュレーションに準ずるサーヴェロロゴ入りエアロボトル(500ml)が1本標準装備。

12.jpg

エアロボトル500の使用は、ボトル無しの状態と比較して平均6gの抵抗が増えるのみにとどまります。


TOP TUBE STORAGE & SMARTPACK
13.jpg14.jpg

トップチューブにはベントーBOX取付け可能なネジ台座があります。使用しない場合は付属の樹脂製カバーで覆うこともできます。

画像下のサーヴェロロゴ入りスマートパックは、ゴム製のシンプル構造の2種類のサイズが標準装備されます。
スマートパック100はDHバー台座部分に装着可能です。
スマートパック400はトップチューブに装着可能です。既存のPシリーズにも取付け可能です(一部モデルを除く)。

Di2のバッテリーはシートポストに内蔵されます。
こちらのバッテリーマウントは2014年以降のP3/P2などこれまでのPシリーズにも適合いたします。
詳しくはサーヴェロ取扱い店へご相談ください。
Di2.jpg

チョイス.jpg

ディーラー(cervelo).jpgオーナーズクラブ登録(cervelo).jpg

東商会お買物券.jpg自損事故.jpg

mukinri_hp.jpg

SPEC

■フレームセット

 
P5 Disc Team Sunweb フレームセット
当社税抜価格
¥620,000
Size
48,51,54,56
Color
Sunweb Black/Red
Fork
Cervélo All-Carbon, Tapered P5 Disc Fork
Headset
FSA IS2 1 x 1-3/8
Handlebar
HB11 CarbonBasebar 380mm(全サイズ共通)
Aero Bar
EX10 Riser/Carbon Extensions(PXシリーズと共通)
Seatpost
Cervélo SP23 Carbon Tri Post
Thru Axles
Cervélo Aero Thru Axles(ネジ式)
Cervélo RWS Thru Axles(ネジ式)
Accessories
Aerobottle 500,
Smartpak 400,
Smartpak 100,
Rear Hydration Mount,
Computer Mount
Weight
フレーム:1,250g(51サイズ実測)
専用フォーク:416g(51サイズ実測)
ベースバー:400g(グリップ込)

GIOMETRY

48 51 54 56
Wheel Size 700c 700c 700c 700c
Head Tube Angle 71° 72.5° 72.5° 72.5°
BB Drop 75 75 75 75
Head Tube Length 67.5 81 98 117
Front Center 582 582 602 622
Chain stay length 405 405 405 405
Wheel base 728 754 769 786
Stand Over Height 728 754 769 786
Stack 466 486 503 521
Reach 388 404 418 431
Fork Offset 52 43 43 43