BRAND INDEX

Lineup:取扱いブランド

INNO

いつもと違う新しいコースを求め、さらなるステージへ

スキー・スノーボードやキャンプ用品などの車載キャリアのメーカーとして実績のある「INNO(イノー)」が、画期的固定方法を採用したロードバイク・マウンテンバイク用キャリアを開発。大好評発売中です。

※取り付け可能な適合車種や注意点に関しては、「INNO (別ウィンドウが開きます)」のサイトをご確認ください。

INNO_image01.jpg

NEW MODELINA389 タイヤホールドⅡ INA389 タイヤホールドⅡ

INA389 タイヤホールドⅡ

税抜価格
¥25,000
対応バイク
タイヤサイズ 20〜29インチ
タイヤ幅 18C-2.7インチ
ホイールベース 85cm-120cm
製品サイズ
1470x230x220(155)mm ※()内は装着高さ
製品重量
6.6Kg
最大積載量
23kg/自転車1台
取付必要前後間隔
500-850mm
※写真のバイク本体は製品に含みません。
※製品の取付にはベーシックキャリア(別売)が必要です。

積載のし易さで人気のタイヤホールドがリニューアル。最近のMTBバイクで主流となった650B(27.5インチ)に完全対応しました。

フレームを挟まないラチェット機構で確実に自転車を固定。ディスクブレーキ搭載車、スルーアクスル仕様車でも積載可能。極太や異型フレーム、カーボ ン、 ディープリム、ディスクホイールも積載可能。ホイールサイズ20〜29インチ、2.7インチまでのタイヤ幅に対応。ケーブルロック付き。

※ディスクホイール装着車は横風の影響を受けやすいため、特に風の強い日(目安は風速10m/s:高速道路の吹き流しが水平)は走行しないでください。

※動画内の製品は試作品につき、実際の製品と多少異なる場合がございます。

GO TOP
INA387JP スリムフォーク

INA387JP スリムフォーク

税抜価格
¥20,000
対応バイク
タイヤサイズ 650C-700C
タイヤ幅18C-35C
(ブロックを含むタイヤ幅35mm以下)
9mmクイックリリース装着車
製品サイズ
1230x195x135(75)mm ※()内は装着高さ
製品重量
2.8Kg
最大積載量
17kg/自転車1台
取付必要前後間隔
500-1000mm
※写真のバイク本体は製品に含みません。
※製品の取付にはベーシックキャリア(別売)が必要です。
※生産完了品につきメーカー在庫限りで終了となります。

軽量・スリムなロードバイク専用モデル。工具レス取り付けで、簡単・スピーディー。後輪固定はベルトを使わない新機構を採用、カーボンやディープリム、ディスクホイールにも対応。タイヤ幅18cから35c、タイヤサイズ650C〜700Cサイズに対応。バイク、キャリアのキーロックシステム付き。

※ディスクホイール装着車は横風の影響を受けやすいため、特に風の強い日(目安は風速10m/s:高速道路の吹き流しが水平)は走行しないでください。

※動画内の製品は試作品につき、実際の製品と多少異なる場合がございます。

GO TOP
IA300 インナーバイクフォーク

IA300 インナーバイクフォーク

税抜価格
¥16,953
対応バイク
9mmクイックリリースまたは15mm/20mmスルーアクスルが使用されている自転車
最大積載量
20kg/自転車1台あたり (2台積載可能。オプション使用で最大4台まで)
対応荷室幅
荷室幅880~1550mm(ただし強度がある車内壁が必要)

車内積載サイクルキャリア新製品「インナーバイクフォーク」が新発売。

従来までの他社製品には無い左右のテンション構造により、車体が揺れる状況でもしっかりとバイクを固定!! 荷室幅が880~1550mmまでの乗用車に対応します。
インナーバイクフォーク1台で、バイク2台を積載することが可能。オプション製品「IA301 インナーバイクフォークアタッチメント(¥3,780)」をご購入で、最大4台まで積載可能。ロードバイクだけでなく、15mm/20mmスルーアクスルフォークのマウンテンバイクも付属のアダプターをご利用いただくことで積載可能です。
ディスクブレーキ装着車を積載する際、フォーク固定部を上下入れ替えて使用することで、ブレーキキャリパー分の縦のクリアランスを確保することができます。 フォーク固定部は首振り機能付きで、ハンドルを左右にきった状態で積載OK。さらに前後調節まで行えるので、ハンドルとリアガラスの干渉を最小限に抑えることが可能です。付属工具はインナーバイクフォーク本体に合体し、必要なときにすぐ使え、紛失しにくいよう考慮されています。 基本的な部品が組み付けされた状態で梱包されていますので、組み立ての手間がほとんどありません。

※ 特殊なハブ幅や、片持ち式フロントフォークが使用されている自転車は積載できません。

GO TOP